こんなコーチングを心がけよう
1 OPEN MIND −オープンマインド−

 最も重要なファクタ−です。過去に輝かしい経歴があるが故にオ−プンマインドになれない指導者も見かけますが、コ−チがオ−プンマインドになれなければ、指導される選手もオ−プンマインドになれるはずがありません。結局、損をするのは、向上するチャンスを逃してしまうコ−チ自身です。


2 CHEERFUR COACHING −励ます指導を心掛けよう−

 Fearful Coaching(恐怖の支配するコ−チング:疑問に思ってもとても口に出して言えないような雰囲気)に陥る原因は、指導者自身のFear(恐れ)です。すなわち、知識の欠如や指導力のなき故、質問を受け付けないような雰囲気をつくってしまうのです。 Cheerful Coachingの実践、すなわち、わからないこと、疑問に思ったことなどを、選手が気軽に質問できる雰囲気を作ってあげるためは、コ−チ自身が正しい知識を持ち、それを必要に応じて引き出すことができるように整理しておくことが必要です。


3 PERSUADE!RATHER THAN DOMINATE
  −頭ごなしの命令にならず、選手自身が納得できるように指導してみよう−


 頭ごなしの命令では、クリエイティブな選手は育ちません。内面に働きかけ、選手自身に納得させ、自らの判断で行動を起すことを促していきましょう。そのためにも不可欠なのが、それぞれのテ−マのキ−ファクタ−をしっかり理解し、整理していることです。
・そこはこうしろ! いいから言われたとおりやれ − ×
・それではこんなに損だよ! こうすればこんなに得するよ! − ○


4 M−T−M Method
  −M−T−M[Match−Training−Match]の流れをトレ−ニングに生かそう−


 サッカ−は、すべて逆算の発想によっています。プレ−においては、ゴ−ルを奪うこと。選手育成では、完成期にこんな選手になってもらいたいということ。トレ−ニング計画では、〜の時期に完成させたいということ。そういうものがあるから、それぞれ「今何をしなくてはならないか」がはっきりするのです。同様に、1日のトレ−ニングも最後のゲ−ムから逆算して組み立ててみましょう!


5 LET THEM PLAY! −まずはやらせてみよう!−
  LET THEM MAKE MISTAKE! −その中でどんどんミスさせてあげよう!−
  THEN STEP IN! −それからがコ−チの出番!−

 練習前にそのトレ−ニングのキーファクタ−等すべてを話してから始めるコ−チもいますが、活動前の長い話は、選手のモティベ−ションを高めることにはつながりません。また、先に解決法を与えるのではなく、選手自身が解決法を見い出す能力を身につけさせてあげましょう。そのためには、出てくるミスを大切にしてあげなくてはなりません。特に、M−T−Mのはじめのゲ−ムでミスが顕在化されるような工夫(ピッチサイズ・ゴ−ル・意識付け・・・)をすると、より効果的です。それからが、コ−チング。選手が困っている時が、最大のモティベ−ションで学べるときです。


6 COACHING IN THE GAME −ゲ−ムの中でコ−チングできるように−

 実践的なスキルを養成するには、実践的な状況の中で高めることがベスト。そのためにはゲ−ム(スモ−ルサイド)をうまく活用して、その中で(終わってからの話ではなく)コ−チングできる能力を身につけよう!


7 FOCUSED COACHING −焦点を絞ったコ−チングを心掛けよう−

 練習にはテ−マが必要。そのテ−マにそったものにしましょう!出てきた現象に対して、いちいち指摘する−Random Complaints−にならないように!


8 GOOD STANDARD −よい手本となろう−

 フェアプレ−、ディシプリンは選手の教育にとっては非常に大切なものです。しかし、大切なのは言葉以上にコ−チの態度。「フェアプレー」を100回言い続けても、試合中に「何で今のがファウルなんだ」などというコ−チの一言で、選手たちはそちらになびくはずです。子どもにとって、コ−チの言うこと以上に大切なのが、コ−チの行いなのです。
 
「クリエイティブ サッカ−・コ−チング」 小野 剛