コーチの陥りやすい落とし穴
1 アクションをおこす前に長々と説明をしてしまう

 アクションをおこす前に選手を集めて、練習のオ−ガナイズからキ−ワ−ドまで説明してしまうこともよくありますが、「それでは、始めよう!」と選手を配置につかせた時に、今までの話は無駄であったことにきづくはずです。「まず説明」よりも、選手を実際に動かしながら、出てきたプレ−に応じて1つずつキ−フアクタ−を理解させていくべきです。


2 意味もなくボ−ルなしのトレ−ニングを行う

 トレ−ニングにおける最大のモティベ−タ−はボ−ルです。ウォ−ムアップや体力のトレ−ニングにおいても、できる限りボ−ルを用いて行う方が選手は高いモティベ−ションで取り組むことができます。


3 スキルや戦術のトレ−ニングがスタミナのトレ−ニングになってしまう

 目的に応じて、適切な負荷とインタ−バルを設定していかないと、トレ−ニングは意図とは違う方向へ流れてしまいます。


4 テ−マを決めたにもかかわらず、出てきた現象に対していちいち指摘してしまう

 テ−マ以外のことを指摘すればするほど(Random Complaints),テ−マはボケてしまいます。テ−マに焦点を絞った指導(Focused Coaching)のためには、コ−チも忍耐が必要です。


5 自分のチ−ムの現状の把握に失敗し、テ−マの選択を誤ってしまう

 Random Complaintsの原因の1つは、テ−マ選択のミスです。闇雲に高度なことを追いかけるのではなく、チ−ムの現状をしっかりと分析して、最も必要なことをテ−マにしてトレ−ニングしましょう。


6 練習を複雑にしてオ−ガナイズだけで精一杯の状況に追い込んでしまう

 トレ−ニングで大切なのは、メニュ−ではなくその中での「働きかけ」です。実際、海外のトップレベルのクラブなどでも、シンプルなトレ−ニングを有効に活用しながらトレ−ニングを行っています。目新しいメニューをただ単に行わせても、自分自身がオ−ガナイズで精一杯では、選手にいい習慣を身につけさせることはできません。


7 ボ−ルを追いまわしてしまい、全体を観察できなくなる

 コ−チは特殊な場合を除き、全体を見渡せるポジションに立って観察すべきです。特に、サッカ−において重要なものは、Off the Ball、すなわちボ−ルを持っていない時のプレ−の中に存在しています。


8 ゲ−ムフリ−ズした時、長々とした話でゲ−ムの興味を低下させてしまう

 ゲ−ムフリ−ズは選手にとって最もわかりやすいコ−チング法ですが、時間の経過に比例してゲ−ムに対する興味・闘志は低下してしまいます。長々とした話は、キ−ファクタ−が整理されていないため生じるものです。あらかじめキ−ファクタ−を頭の中に整理しておき、Quick、Simple、To the Pointを心がけましょう。


9 適時にコ−チングできず、練習終了後に長々と話をしてしまう

 ゲ−ムフリ−ズのテクニックを持っていないと、練習が終わってからその日の練習すべてを振り返り、「あの練習の時にはもっと・・・・・、この練習の時には・・・・・」と、抽象的な話になってしまいます。これでは、選手が理解できないばかりか、たとえ理解できたとしても。今度の練習の時間まで修正の機会がない状況です。
「クリエイティブ サッカ−・コ−チング」 小野 剛